講師紹介

田中 正博(たなか まさひろ)

ベストを尽くす

数々の組織を救ってきた危機管理のプロフェッショナル。最近の20年間は、緊急記者会見、クレーム対応、欠陥商品問題、企業の不祥事など、2,000件超の危機管理コンサルテイング業務を手掛けている。

1938年 秋田県に生まれる

1962年 早稲田大学文学部  卒業
       電通PRセンター(現、電通パブリック・リレーションズ)入社
       常務取締役、専務取締役、顧問を歴任

2002年 田中危機管理・広報事務所を設立
       東洋紡総合研究所、公文教育研究会に勤務

  現在   (株)田中危機管理広報事務所  代表取締役社長
       (株)総合教育コンサルティング 講師

指導分野

◆ 危機管理研修(メディア対応、クライシスコミュニケーション)
◆ 情報発信力研修

講演テーマ

◆ 企業を守る管理  ―起こさないために・起きた時の対応
◆ コンプライアンスは企業存続の礎である  ―幹部としての基本認識と心得
◆ 事例に学ぶ危機管理  ―転ばぬ先に杖・他社の失敗から学ぶ

資格・スキル

≪主な公職≫
■ 社団法人建設広報協議会  理事
■ 社団法人東京商工会議所  危機管理アドバイザー
■ 静岡県  ジャンル別広報アドバイザー
■ 事業構想大学院大學  客員教授
■ 海上保安庁  広報委員会アドバイザー

著書

■『実践・自治体の危機管理』 (時事通信社出版局)

 

(研修)実績

財務省、国税庁、最高検察庁、東京地方検察庁、海上保安庁、神奈川県財政部、国土交通大学校、警察大学校、自治大学校、東京消防学校、航空自衛隊幹部大学校、事業構想大学、宮城県、一般社団法人東京都人材支援事業団、東京都特別区職員研修所、中国都市税務協会、岐阜県、熊本県、大分県自治人材育成センター、東京都世田谷区、長野県自治研修所、山口県自治研修所、香川県、茨城県、長野県建設部、長野県市町村職員研修センター、東京都市町村職員研修所、加古川市、松坂市、宇治市、坂井市、長崎市、横須賀市、福島市、岐阜市 等

ほか大手企業、医療機関等で多数

※ 上記記載以外にも、多くの指導実績がありますが、コンサルテイングの視点から、外部には開示しておりません。

 

研修担当者の皆様へ

「どのような研修を企画すれば、自分たちの組織のためになるのか」
「どのような研修を実施すれば、受講者が満足するのか」
研修担当の皆様は、日々、このようなお悩みを抱えていることと存じます。
私どもが目指すのは、受講者はもちろんのこと、ご担当者にも満足していただける研修です。
「総合教育に頼んでよかった」
そう言っていただけるよう、ご担当の方と協力しながら取り組んでいきたいと考えております。